割と世界はやさしかったよ

いろいろ急に不安になってたけど、投稿した小説読んでくれる人が

いたよ。

感想くれる人もいた。

自分の書いたものを肯定してくれる人が存在しているってことは、

本当に嬉しいことだなあと思った。

逆にもし非難されるようなことがあったとしても、今自分はこういう

風にしか書けないからそれはもうどうしようもない。

だからこそ。

やっぱり自分のやっていることを、これでいいんだって思えるという

ことは、生きる力になるよね。

おおげさでなく本当に。

そう思うと感謝の気持ちでいっぱいになる。