読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書いている

最近何年かぶりに詩とか小説とか書いているんだけど、なかなか難しい。

しゃべることと表記することは同じではないし、表記するとなると語彙が

必要なんだけど、いろいろ忘れている。

これはもう上手いとか下手とか以前の問題だ。

あとせっかく書くのなら自分の心に正直に書こう!て決めているんだけど

何か‥‥‥自分の心の舵を上手くとれないというか、本当によく解らない

自分でも謎な羞恥みたいなものに邪魔されてる感じがする。

やっぱり何か書いている時は自分が普段意識にのせてないような部分を

わざわざ覗いているような処もあるし、その覗かないようにしてる処を

またわざわざ表に出すようなことする訳だしなあ‥‥‥。

本来なら外に書きだす以上は自分以外の読む人のことかなり配慮するべき

なんだろうなとも思うんだけど、今はそれもあえてしないで、あくまで

自分が納得する自分がこうしたいみたいなのを優先したいと思っている。

これから先どうなっていくかわからないけど、とりあえず今は。

で、そう決め打ちしているというのに自分勝手に書くのが実は難しいんだ

という‥‥‥。

でも止まったり恥ずかしいと思ったりしながら、書いている。

よくわからない苦しさに悶えたりもしつつ、でも楽しんでいる。

こういうのを書きたいんだけど、という自分の気持ちに嘘をつかずに、

とりあえずは最後まで書いてみよう、とそう思っている。