楽しい

また、楽しくなってきました。

書くことが。

なんでなんだろう、不思議。

特に何があった訳でもないんですけど、気分が変わった。

楽しいと思えたことが嬉しい。

趣味でやっていることだから、楽しいと思えることは大切

なこと。

またそういう風に思えるようになって、良かったなあと

心の底からそう思います。

気分なんてまたすぐにささいなことで変化してしまうのか

もしれないけど、変化する、ということは悪くなってもま

た、良くなるかも、ということでもあるので。

今を楽しみたい。

元気でいたいです。

ほんとうにこれでいいのかまじでわからぬ‥‥‥と思いながら

書いてます。

でも書いてるだけまし。

ましだ!ちょっとまえまでの自分よりは!!

と思っておこうと。

食欲はびみょう。

でもなんとか食べてます。

たぶん胃がやられてる‥‥‥胃薬ものんでます。

初心に帰ってるかどうかはわからないけど、とりあえずは

書いています。

自分にとっては意味のあることなんだということを忘れな

いようにはしたい。

ちゃんとごはんは食べてます。

初心

初心にかえらねば‥‥‥。

初心わするるべからず、という言葉は初心っていうのは

基本わすれゆくものであるからこその警句、いましめ、

ありがたい薫陶なんだろうと感じている。

自分のやりたいように書くべき。

楽しんでないとなぁ。

たぶん自分のやっていることが正しくないのではないの

か?みたいに考えてしまっているから不安だったり、苦し

かったりするのだろう。

考え込みすぎて心の深淵をのぞきこむようなことばかりし

ていては駄目だよね~。

楽しさがないと。

考えすぎは駄目。

食欲はいまひとつだけど、ご飯は食べています。

たいしたことしていないのに何故こんなに疲れているんだろう。

明日はお寿司を食べます。

くるくる寿司だよ!

生きる!!

考え込んでたせいなのか、気候があまりにも暑くなったり寒く

なったりについていけてないのか、いやその両方かも?なので

すけれど、体調がすぐれません。

ずっと咳してる。よくなったのかなーと思うと朝になると凄く

咳き込んじゃったりで。

でも寒かったものなあ。

昨日は自分に自信がもてないとか、弱いのだとか書いていて、

それも確かにそうなのですが、それだけじゃなく何かふと我に

かえってしまった時に、とても寂しい気持ちになってしまうこ

と、それ自体がつらいのかもしれません。

熱中している時は忘れているけれども、本当は心の真ん中に、

いつでも寂しさや虚しさが巣くっている。

しかし、それもやはり、受け入れていくより他無いのだともわ

かっています。

寂しさも虚しさもともづれにして。

それでも生きていくより他はないのですよね。

あまりもう頑張りたくはないですし、それなりになんとかやって

いけたらいいのだけど。

でも常に不安ばかりです。

いろいろ思い悩んでいたけど、とりあえずはまた書こうと思います。

で、書いたものを発表するのかどうかは、またその時に考えること

にしよう。

つくづく自分は弱いなあ、とは思い知らされました。

とても難しい。

自分の思っているようにやっていくことが。

でもようするにまずは、そういう自分を受けいれるしかない。

どうしようもない自分自身を受け入れた上でやっていくしかないのです。

どうにもならないことはいつもどうにもならないからなあって。

元気だしていきましょう。

ごはんはちゃんと食べよう。

食べずに酒ばっかり飲むのは駄目だよなー‥‥‥。

ごはんを食べます。

元気になれるように、さりげなく頑張っていきたいよね。

どんな場所でどういう風にしていたって、自分自身からは逃げることはでき

ないから。

元気になれるよう、自分で自分自身を鼓舞していきましょう。

つらいなあって悲しみの淵に立ち続けるのは、ほんとうに苦しいことだから。

ごはんを食べます。

まずそれが大事なことだよ。